皮膚の症状で悩んだら|早急に皮膚科を利用しましょう

女医

爪の中の水虫

足元

水虫の原因菌である白癬菌が爪の中に侵入し繁殖してしまっている状態のことを爪水虫といい、主に足の爪などに起きる感染症の1つです。爪水虫になると爪が分厚くなり表面が黄白色や褐色のような濁りを帯びてきたり、爪の周囲に炎症が起きたりといった症状が出ます。爪水虫の特徴として挙げられるのが痛みやかゆみなどを全く感じず自覚症状が無いため、放置して症状が進行してしまいがちという点です。進行すると爪の表面がボロボロと剥がれて靴を履きづらくなってしまい、最終的には患部に細菌が感染してしまい合併症を引き起こしてしまいます。また、水虫や爪水虫の白癬菌は他の人にも感染しやすい病気となっており、治療が遅れることによって自分が感染源となり同じ空間で過ごす人々を感染させてしまう可能性があります。
一般的な水虫の治療方法は塗り薬や市販のスプレーなどを使用するということですが、爪水虫の場合は薬が爪の奥まで浸透せず効果を得ることができません。白癬菌の治療を行なう際には皮膚科などに行って飲み薬を処方してもらい、体の内側から白癬菌を退治していくことが必要です。爪水虫の飲み薬を飲むと薬の有効成分が血液を介して患部に届き、爪の中で繁殖している白癬菌を殺菌してくれます。白癬菌に侵された爪が生え変わるまで治療を行なう必要があるので、飲み薬による治療は3ヶ月から半年ほどかかります。完治する前にやめてしまうと再発してしまう可能性が高いので、症状が回復してきたからと自己判断をして勝手にやめてしまう事のないように皮膚科の医師の指導に従って治療を行ないましょう。